ホーム > 業界ニュース > 内容详情

知的財産権保護には中外企業を平等に扱う―

                                        中国複数の部門が発声

      「中国の知的財産権保護は、中外企業を平等に扱うことを堅持し、外国企業を差別しない」、9月18日に北京で開催した2018国際工商知的財産権フォーラムでは、複数の部門の官僚が強調した。
      中国国家市場監督管理総局査察局副局長王勝利は、知的財産権を厳格に保護し、権利侵害と偽物製造行為を打撃するのは中国の一貫とする態度であると述べた。「中国は実践において中外企業を平等に扱うことを始終堅持しており、中国で業務展開している外資企業又は権利者を差別対応しない。」
      中国国家知的財産権局保護協調司司長張志成は、今後中小企業、民営企業、外資企業との対話システムをさらに改善し、市場におけるすべての主体を平等に扱うことを促進し、より良いビジネス環境を作ると述べた。
      世界知的所有権機関が最近発表したグローバルイノベーションインデックス報告において、イノベーションランキングでは中国が17位となり、グローバルイノベーションランキングトップ20に入れる唯一の中等収入経済体であった。
      「中国は知的財産権の役割を既に認識し、知的財産権保護の分野でますます重要な役割を果たしていく。」と国際商業会議所知的財産権委員会主席のIngrid Barreは語った。

©2010 北京柏杉松知识产权代理事务所版权所有 京ICP备12040702号

电话:010-84109559 传真:010-84109553 邮箱:patentsino@patentsino.com